こどもから大人まで、みんなが楽しめるヤマハ音楽教室はスガナミ楽器

スガナミ楽器

  1. トップ
  2. 教室・店舗一覧
  3. スガナミミュージックサロン品川
  4. お知らせ

子供も大人の初心者さんも習える、港区港南の音楽教室。

スガナミミュージックサロン品川

〒108-0075 東京都港区港南2-3-1大信秋山ビル 6階

03-5783-5760

営業時間:月~土10:00~22:00(受付21:30まで)/日10:00~18:00

定休日:祝日

お知らせ

2015-06-06 update

木製の金管楽器はなぁ~んだ?‐コラム2

  • 【問題】サックスやフルートは金属でできた木管楽器。では木材でできた金管楽器は?

     

    フルートやサックスは金属でできているのに木管楽器なんですよね。

    フルートは昔は木だったと言っても、サックスは最初から金属製でした。

    う~ん、なんかシックリこないゾ。
    そんな人もいるのではないでしょうか?

    実は「木管楽器」と「金管楽器」の線引きは材質でなされるのではないのです。

    よく聞くのは
    サックスはリードが木(葦)だから木管。
    フルートは昔は木だったから木管。
    というおはなし。
    まちがいではないと思います。

    ではここで問題です。

    木材でできた金管楽器はあると思いますか?
    あるとしたらどんな楽器でしょうか?

    さらに意地悪な問題。

    陶器でできたオカリナはどっちでしょう?
    動物の角笛はどっちでしょう?

    もう何がなんだかわかりませんよね。
    いったい何をもって木管・金管とするのか?

    今回はそんな「楽器の分類」のおハナシ。

    まずは金管楽器から見ていきましょう。

    “金属でできた管楽器”はハズレです。

    正解は“唇を振動させて音を出す管楽器”。

    唇をぶーっ!とやって音を出すものですね。
    この唇ぶーっ!をリップリードと呼びます。

    では木でできた金管楽器はというと、スイスのアルプホルンがそうなんです。
    あのなが~いやつですネ。


    アルプホルン(Wikipediaより)

    他には、少しマイナーですがツィンクという角笛の子孫も木製の金管楽器です。


    ツィンク(Wikipediaより)

    ほかにはアボリジニの民族楽器ディジュリドゥなんてモノもあります。

    角笛もリップリードなので金管楽器です。

    すべて唇ぶーっ!で音を出します。
    これが金管楽器です。

    では「木管楽器」の定義は何でしょうか?

    ポイントは、やはり振動のもとが何かです。

    サックスやクラリネットは葦(アシ)でできた薄い板(リード)を振動させます。
    リード1枚を使うシングルリードです。
    2枚使うダブルリードもあります。

    フルートは息の流れによって生まれる空気の渦、エアリード。
    オカリナもこのエアリードによる音なので、木管楽器に分類されるんですよ。

    こうした葦や空気のリードによる楽器が木管楽器に分類されるのです。

    こうなるともう「木管」や「金管」という呼び方に疑問を持ちますよね。

    ちなみに、ウィキペディアさんの木管楽器の定義は衝撃です。

    “木管楽器とは金管楽器以外の管楽器”

    「金管以外」って、何てざっくりな。(笑)
    でも確かに、的確な表現だと思いませんか?

    今回は、なかなか一筋縄にはいかない、楽器の分類についてのおハナシでした。

     

    関連記事

    【やっぱりあった!メタルクラリネット!】
    金属製のクラリネットを発見!フルートもサックスも金属製ですからね。

    【昔はフルートと言えば縦笛だった!?】
    フルートが縦型だったのか?縦笛をフルートと呼んだのか?さぁどっち?

    【トロンボーンは神聖な楽器だった!?】
    “神の楽器トロンボーン”を初めて世俗音楽に使ってしまったアノ有名人とは!?

    【サックスは人の名前です】
    えっ?と思ったそこのアナタへ。意外と知らない?サックス誕生のお話。

    【倍音を体感してみよう!】
    実体を耳で知っている人は意外と少ない倍音。一度じっくり聞いてみよう。

     

    【あなたも管楽器を楽しみませんか?】
    ~無料体験レッスン実施中~
    フルート / サックス / トランペット