こどもから大人まで、みんなが楽しめるヤマハ音楽教室はスガナミ楽器

スガナミ楽器

  1. トップ
  2. 教室・店舗一覧
  3. スガナミミュージックサロン品川
  4. お知らせ

子供も大人の初心者さんも習える、港区港南の音楽教室。

スガナミミュージックサロン品川

〒108-0075 東京都港区港南2-3-1大信秋山ビル 6階

03-5783-5760

営業時間:月~土10:00~22:00(受付21:30まで)/日10:00~18:00

定休日:祝日

お知らせ

2015-09-24 update

オカリナはお菓子職人が発明した!?‐コラム38

  • 【オカリナはお菓子職人が発明した!?】
    オカリナはお菓子の焼き窯から生まれたってご存知ですか?

     

    手のひらサイズのまるっとかわいいオカリナ。
    音色もほのぼのとしてとっても和みますよね。

    今回はそんなオカリナの誕生秘話をご紹介。

    オカリナという言葉ははイタリア語で
    「ちいさなガチョウ」という意味なんですよ。

    形がまるで小さなガチョウみたいだから
    そう命名されたのだそうです。

    名前まで何ともかわいらしいですね♪
    (ガチョウの雛を見たことがないのは秘密)

    だれがオカリナと命名したのでしょうか?

    実は、今のオカリナの原型を作って、
    オカリナと名付けた人がいるのです。

    しかもその方はなんと
    イタリアのお菓子職人さんなんです!

    “お菓子の焼き窯から生まれた”なんて、
    何ともオカリナらしいエピソードですよね。

    さて、
    「今のオカリナの原型」と書きました。

    土笛の起源自体はそうとう古いらしく、
    世界中の遺跡から出土されているようです。

    大昔からあった土笛を、
    音階が吹けるまでに改良し
    オカリナと名付けたのが
    このイタリアのお菓子職人

    ジュゼッペ・ドナーティさんでした。
    1850年代頃の事だそうです。


    Giuseppe Donati

    ドナーティはブードリオという北イタリアの
    小さな町に住んでいました。
    このお菓子職人だったドナーティが
    近くの川で採れる粘土を使い、
    お菓子を焼いていた窯でオカリナを作ったのだとか。

    しかもオカリナを作った時、
    ドナーティはなんとまだ20歳前後の若者だったそうです!
    ドナーティのオリジナルのオカリナは
    現在も残っているそうですよ。

    20歳そこそこのお菓子職人の若者が、
    お菓子の焼き窯で楽器を作り
    「小さなガチョウ」と名付けた。
    なんて夢のある楽器なんでしょう♪

    ちなみに、オカリナのような土笛は
    あのオカリナの形でなくても音は鳴るようで、
    日本や中国では、丸い卵型のものが
    出土されたりしているんですよ。

    最近では亀や猫やインコ、イルカにラッコまで、
    様々な形のオカリナも登場し
    とっても賑わっているみたいですよ。

     

    関連記事

    【トトロが吹いてる楽器は何だろう?】
    定説のオカリナ説に勝手に挑んでみた。

    【昔はフルートと言えば縦笛だった!?】
    フルートが縦型だったのか?縦笛をフルートと呼んだのか?さぁどっち?

    【クラリネットをこわしちゃった歌詞の謎】
    オーパッキャマラード、パッキャマラード、パオパオパパパ ←コレ、ちゃんと意味があるんですよ。

    【フルートと尺八が同じ仲間!?】
    優雅で美しいフルート。風流で渋い尺八。似ても似つかないイメージですが仲間なんです。

    【あいまいな絶対音感もあるって本当?】
    通称“だいたい音感”とも言われる「絶対じゃない絶対音感」とは?

     

    品川の音楽教室は
    スガナミミュージックサロン!