こどもから大人まで、みんなが楽しめるヤマハ音楽教室はスガナミ楽器

スガナミ楽器

  1. トップ
  2. 教室・店舗一覧
  3. スガナミミュージックサロン品川
  4. お知らせ

子供も大人の初心者さんも習える、港区港南の音楽教室。

スガナミミュージックサロン品川

〒108-0075 東京都港区港南2-3-1大信秋山ビル 6階

03-5783-5760

営業時間:月~土10:00~22:00(受付21:30まで)/日10:00~18:00

定休日:祝日

お知らせ

2015-10-03 update

アコースティックギターとフォークギターの違い‐コラム41

  • 【アコースティックギターとフォークギターの違い】
    アコースティックギターとフォークギターの違い

     

    「アコギとフォークギターって何か違うの?」
    「てかフォークギターって何を指すの?」

    実はコレ、音楽教室の受付をしていて最もよく聞く質問の一つなんです。
    どちらも漠然と同じようなイメージを持っている方が多いようですね。

    今回はこの2つの用語について解説します。
    モヤモヤしていた方、スッキリして下さい♪

     

    【アコースティックギターとは】

    アコースティックギターとは、その名の通り“アコースティックなギター”の事です。

    つまり、電気を使わないギター。基本的にナマ音で演奏するギター全般を指す言葉です。

    【フォークギターとは】

    このアコースティックギターは、大きく2種類に分けられます。
    それは「金属の弦を張るギター」と「ナイロン(又はガット)の弦を張るギター」です。

    そしてこの金属弦を張るギターの方が「フォークギター」と呼ばれるのです。

    【つまり】

    「アコースティックギターの1種としてフォークギターがある」というのが正解です。

    が、あくまでこれは“そもそも論”です。

    実際は「アコースティックギター」という言葉は(ナイロン弦に対して)金属弦を張ったギターを指して使われる事が多いようです。

    つまり、実際は「アコースティックギター=フォークギター」と呼ばれているのです。

    そもそもの意味と実際の使われ方が微妙にズレているので、混乱してしまうんですね。

    なので“両者の違いはあってないようなもの”というのが実際のところかもしれません。

    【ナイロン弦を張るのはクラシックギター】

    ちなみに、ナイロン弦を張るギターはクラシックギター、ガットギター等と呼ばれます。フラメンコギターもこちらのグループに入ります。

    だから、本当はクラシックギターもアコースティックギターの1つなんですよね。

    でも実際は「ナイロン弦のクラシックギター」と「金属弦のアコースティックギター」という意味でよく使われるのですね。

    う~ん、ややこしいですね~。
    ということで、
    今回はアコースティックギターとフォークギターの違いについてのお話でした♪

     

    関連記事

    【ギターのピックはどれがいいの?】
    楽器屋さんに行ったらあまりの種類の多さにびっくり!?初心者さんにおススメのピックとは?

    【ギターの楽譜は六線譜!?】
    楽譜と言えば五線譜?いえいえ、ギターの楽譜には6本線や1本線の楽譜があるんですよ。

    【昔のギターの弦は今より多かった!?】
    10本も12本も張っていたギター弦の数を6本まで激減させたステキな発明とは?

    【アンプの違いを意識してみよう!】
    アンプはギタリストのもう一つの楽器!?ギターアンプにこだわってみよう!

    【エレキギターって感電しないの?】
    素朴なギモン。実際どうなんでしょう?

     

    ギターレッスン実施中♪
    まずは無料体験レッスン!

    ◆個人レッスン(スガナミ)
    ・アコースティックギター

    ◆グループレッスン(ヤマハ)
    ・アコースティックギター
    ・クラシックギター