こどもから大人まで、みんなが楽しめるヤマハ音楽教室はスガナミ楽器

スガナミ楽器

  1. トップ
  2. 教室・店舗一覧
  3. スガナミミュージックサロン品川
  4. お知らせ

子供も大人の初心者さんも習える、港区港南の音楽教室。

スガナミミュージックサロン品川

〒108-0075 東京都港区港南2-3-1大信秋山ビル 6階

03-5783-5760

営業時間:月~土10:00~22:00(受付21:30まで)/日10:00~18:00

定休日:祝日

お知らせ

2015-10-06 update

金属製のクラリネット~メタルクラリネットを発見!‐コラム42

  • 【やっぱりあった!メタルクラリネット!】
    金属製のクラリネットを発見!フルートもサックスも金属製ですからね。

     

    クラリネットと言えば今も昔も木製というイメージですよね。一般にはグラナディラという木でできています。

    ところが実は、1900年代の前半頃には金属製のクラリネットもあったと言います。

    フルートはより音量を得るために金属製が主流になりましたが、クラリネットは金属製にしても音は大して変わらなかったのだとか。

    では一体何のために作られたのでしょう?

    答えは、野外での使用に需要があったようです。音量増というよりも、メンテナンス面で便利だったからだとか。

    確かに木製のクラリネットは温度差や湿度に弱く、ましてや雨とか日光なんてご法度です。
    屋外でのパレードや演奏に需要があった事は想像に難くありません。

    野外向けだと、現在はプラスティック製のクラリネット、通称「プラ管」がありますが、さすがに音色は木製にはかないませんよね。

    金属製の音が木製のものとそう変わらないのであれば、今でも需要はあると思うのですが。。
    粗悪品が出回りすぎて敬遠されてしまったというハナシもあるようです。

    で、こちらがそのメタルクラリネット▼


    <セルマー社のメタルクラリネット>

    サックスで有名なセルマー社も1920年代に作成されていたようです。

    コレ、かなりカッコイイと思いませんか?
    このメタル感。う~ん、シビれますネ。
    いったいなぜ消えてしまったのか。
    残念でなりません。

    再販すればきっと虜になる方もいると思うのですが。。
    あなたはどう思いますか?

     

    関連記事

    【問題】木製の金管楽器はな~んだ?
    サックスやフルートは金属でできた木管楽器。では木材でできた金管楽器は?

    【クラリネットをこわしちゃった歌詞の謎】
    オーパッキャマラード、パッキャマラード、パオパオパパパ ←コレ、ちゃんと意味があるんですよ。

    【昔はフルートと言えば縦笛だった!?】
    フルートが縦型だったのか?縦笛をフルートと呼んだのか?さぁどっち?

    【倍音を体感してみよう!】
    実体を耳で知っている人は意外と少ない倍音。一度じっくり聞いてみよう。

    【ドイツ語ではなぜシの音をhと呼ぶの?】
    ドイツ音名h(ハー)の謎に迫る!!

     

    品川でフルートやサックスを習うなら
    スガナミミュージックサロン品川!