こどもから大人まで、みんなが楽しめるヤマハ音楽教室はスガナミ楽器

スガナミ楽器

周りに迷惑をかけない楽器の練習場所とは

>音楽教室のレッスン室をレンタルする

楽器を始めたら、レッスンの時間だけでなく、家でも練習したくなるはずです。しかし、日本の住環境では、自宅で音を出して楽器の練習をするのは難しいことが多いと思います。ここでは、楽器の練習場所を確保するにはどういった方法があるのかご説明しています。

音楽スタジオを借りて練習

周りを気にせず思う存分楽器の練習をしたいなら、音楽スタジオを利用するのが手っ取り早いでしょう。音楽スタジオなら、楽器を持ち込んで練習することができます。音楽スタジオは音楽を練習するための場所なのですから、誰にも気兼ねせずに音を出すことができます。

 

音楽スタジオは基本的に、時間単位でレンタルできます。個人練習の場合には1時間1,000円前後で借りられることもありますから、近くに手頃なスタジオがないか、インターネットなどを利用して探してみましょう。

 

また、音楽スタジオでは、楽器自体をレンタルしてもらえるところもあります。大型の楽器は持ち運びが大変ですから、レンタルできると便利です。楽器もレンタルするなら、会社帰りに気軽に立ち寄って練習することもできます。スタジオによってレンタル可能な楽器は違いますから、問い合わせしてみましょう。

カラオケボックスを利用して練習

楽器を練習するために、カラオケボックスを利用するという方法もあります。カラオケボックスは、音楽スタジオよりも家の近くで見つけやすい場所かと思います。カラオケボックスによっては、隣の部屋の音などが少し聞こえてくることもありますが、自分も大きな音を出しても基本的には問題はありません。

 

カラオケボックスは、1時間数百円程度から利用できますから、値段も非常にリーズナブルです。ただし、カラオケボックスの中には、カラオケ以外での利用を禁止している店もありますから、あらかじめ楽器の練習が可能かどうか確認するようにしましょう。

音楽教室のレッスン室をレンタルする
自宅用の防音室をレンタルする

音楽教室ではレッスンのない時間帯に、空きレッスン室をレンタルしている場合があります。音楽教室のレッスン室なら、音出しに適している環境のため、安心して楽器の練習ができるでしょう。また、楽器自体をレンタルできたり、譜面台や楽譜をレンタルできたりすることもあります。

 

音楽教室のレッスン室も、30分数百円~千円程度で利用できます。ただし、その教室のレッスン生にしか貸し出ししていない場合もありますから、一般利用が可能かどうかは問い合わせしてみましょう。

自宅用の防音室をレンタルする

楽器の練習をするために、自宅に設置する防音室をレンタルするという方法があります。組み立て式のレンタル防音室なら工事が必要ありませんから、賃貸住宅でも利用可能です。レンタル防音室は、広さ0.8畳からあり、ワンルームマンションでも設置できます。料金も、月1万円台からとリーズナブルです。

 

レンタル防音室を利用すれば、家で好きな時間に楽器の練習をすることが可能になります。管楽器や弦楽器なら、それほど広いスペースは必要ありませんから、簡易なレンタル防音室でも十分練習ができます。コンパクトでも防音効果は確かですから、安心して練習に集中することができるでしょう。

防音室をレンタルしたい場合には、取り扱いしている楽器店に相談してみてください。なお、レンタル後に購入することも可能なケースがあるので、購入前に試してみたいという方にもおすすめです。

 

楽器は練習すればするほど上達しますが、楽器というのは大きな音が出ますから、家で何も考えずに練習すると近所迷惑になります。上記を参考に、周りに迷惑をかけない楽器の練習場所を確保しておきましょう。

》コラム一覧ページへ戻る 》お問い合わせはこちら