こどもから大人まで、みんなが楽しめるヤマハ音楽教室はスガナミ楽器

MENU

TEL:03-5783-5760

〒108-0075 東京都港区港南2-3-1大信秋山ビル 6階

営業時間:月~土10:00~22:00(受付21:30まで)/日10:00~18:00

定休日:祝日

NEWS

2018-04-14

講師にきいてみた エレキベース大久保講師

エレキベース大久保 利浩

不定期シリーズの「講師にきいてみた」、今回はスガナミミュージックサロン品川で金曜日に稼動している、大久保 利浩 講師にインタビューをしてみました。

 

-早速ですがヤマハ大人の音楽レッスンエレキベース レッスンの一番の特長はどういったところにあるのでしょうか?
-大久保講師
幅広い年代、ジャンルの曲が入っているテキストなので、色々な音楽にふれることができるということだと思います。ベースも奏法の違いで音色の変化があるので、それを知る事ができるのも良いところだと思いますね。

-やはり自分の楽器は持っておいた方が良いのでしょうか?
-大久保講師
もちろんあったほうが家でもさわれますし良いですね。レッスンの際は手ぶらでお越しください。教室の備品を使っていただいて大丈夫ですので。

エレキベース大久保 利浩

-ベースを習いに来る方はどのような人が多いのですか?
-大久保講師
やっぱり低い音が好き、という方は多いですよね。例えば音楽を聴いていても低い音に耳が行ったりだとか。音楽って色んな要素がありますけど、リズムに耳が行く、という方も いらっしゃいますしね。

-ベースという楽器の楽しみとはズバリ何でしょうか?
-大久保講師
そうですね、ドラムと共にリズム隊って呼ばれる楽器だけあって、音楽の土台を作って、そのノリだとかフィーリングを作っていくところでしょうね。それにベースって意外に色々な音が出せるんですよ。指弾きはもちろん、ピックを使ったりもします。あとスラップ奏法なんかも特徴的な奏法ですよね。

エレキベース大久保 利浩

-スラップってあの指で叩くような感じのリズミックな奏法ですよね!
-大久保講師
そうそう。

-私も始めてみたときに びっくりしました。何が起こっているんだろうと思いましたね(笑)先生がベースをはじめられたきっかけはどんな感じだったんでしょうか?
-大久保講師
中学校の文化祭でバンドをすることになって、ボーカルとベースが空いていたんですよ。それでボーカルっていうキャラクターでもないしベースを選んだんです。その後の高校3年間もバンドをやっていましたね。

エレキベース大久保 利浩

-ところでバンドはどんなジャンルだったんですか?
-大久保講師
いわゆるジャパメタですね。日本のメタル・ハードロックでした。

-これからベースを習おうと思っている方々に何か一言お願い致します。
-大久保講師
やっぱり好きなものとか情熱を傾けられるものもがあるということはすばらしいと思いますし、ぜひはじめていただきたいですね。

 

-ありがとうございました。
スガナミミュージックサロン品川で、金曜日に稼動している大久保講師。無料体験レッスンは随時ご予約受付中です♪お気軽にお問い合わせ・ご予約下さい。

》コース詳細・体験予約はこちら

大久保利浩講師プロフィール
1972年福井県生まれ。好きなジャンルはロック、ポップス、ファンク、ソウル、ジャズ、ラテンなどなど。元「赤い鳥」・「Hi-Fi SET」の山本潤子のサポートメンバーとしても活動中。

<お問い合わせ>
スガナミミュージックサロン品川

〒108-0075 東京都港区港南2-3-1大信秋山ビル 6階
電話:03-5783-5760

》お問い合わせ

↑

閉じる

Follow us!

  • Facebook
  • Twitter

フォローをして
最新情報をGETしよう!