こどもから大人まで、みんなが楽しめるヤマハ音楽教室はスガナミ楽器

スガナミ楽器

よくあるご質問・用語集

Q. ヤマハの防音室はどのような種類がありますか?

A. ヤマハには簡易組立型のユニットシリーズとオーダータイプのフリーシリーズがございます。
ユニットシリーズは3つの防音レベルと9つのお部屋(0.8畳~4.3畳)の広さを、フリーシリーズは3つの防音レベルと3つの個性ある音場をご用意しました。

Q. 工事期間はどのくらいですか?

A. ユニットタイプは半日程度(広さや付帯工事の有無により1日かかる場合も有)、フリータイプは1週間程度となります。
*ヤマハが認定した組立業者が責任を持って組立しますので、ショールームで体験した品質・性能がご自宅で実現致します。

Q.  賃貸住宅でも大丈夫ですか?

A. 簡易組立て型のユニットタイプであれば、躯体の床や壁を傷つけない為賃貸住宅でも設置可能で移設も出来ます。

Q. 防音室にエアコンは必要ですか?

A. 夏場は防音室内がかなり暑くなる為お勧めしています。ユニットタイプは1.2畳から設置可能です。

Q. ピアノを入れるには何畳以上必要ですか?

A. アップライトピアノなら2畳以上・グランドピアノは3畳以上必要です。
但し、グランドピアノは機種により3畳では入らない場合もございますのでご注意下さい。

Q. 響きすぎて長時間の練習が出来なくて困っています。

A. 一般的なお部屋の内装(床:フローリング・壁:クロス)では、響きすぎてフラッターエコーが出たり部屋の隅で低音が歪むブーミングなどの音響障害が起こります。
グランドピアノの下に、布団や厚手のカーペットを置くと多少響きは納まりますが高音ばかり吸ってしまい低音が歪み、バランスを崩してしまいます。これではとても「いい響き」とは言えません。
スガナミ楽器では、楽器本来の持つ音を綺麗に響かせる音設計を提案致します。

用語集

デシベル(dB)とは?
音の大きさを表す単位です。数字が大きくなるほど音が大きくなります。
*人の声・TVの音:50~65dB/車の騒音:70dB~/ピアノの音 80~100dB

Dr等級とは?
遮音性能(防音性能)を表す日本工業規格(JIS)の単位をDr等級と言います。
数字が大きくなるほど遮音性能が高くなります。Dr30<Dr35<Dr40

音場とは?
室内の音の響き具合の事です。部屋の容積・材質・形状により響きが異なります。
ご使用の楽器や好みに合わせて残響時間や吸音率を設計すると、快適な音場空間が実現致します。