こどもから大人まで、みんなが楽しめるヤマハ音楽教室はスガナミ楽器

   

EVENT

ヴァイオリン講座「考える力をつける・ヴァイオリンレッスン」

2015-09-07 update

「いまさら聞けないヴァイオリンの常識」著者の川合左余子先生が、自身の教師としての経験や

ヴァイオリン教授法を、画像や動画を使いながら判りやすく説明致します。

日程2015年10月6日(火)
時間10:45~12:45(講座後、軽食付き懇談会有り 13:00~14:00)
場所スガナミミュージックサロン多摩ホール

 

<講座内容・ポイント>

●生徒さんとのコミュニケーションには「カウンセリングレッスン」が有効!!

●生徒さんの考える力になる「内的聴覚」をどう育てるか?

●はじめての生徒さんがぶつかる壁「調弦」「読譜」など

 

◆日時◆

2015年 10月6日(火) 10:45~12:45 

      ※講座後、同会場にて軽食付き懇親会有り 13:00~14:00

◆会場◆

スガナミミュージックサロン多摩ホール

◆受講料(税込)◆ ※懇親会費含む

 一般 : 3,500円

 会員 : 3,000円(スガナミFCカードをお持ちの方)

◆お問合せ・申し込み先◆

スガナミ楽器 多摩店

東京と多摩市落合1-46-1 ココリア多摩センター4階

TEL:042-375-5311  FAX:042-375-5322

 

◆講師プロフィール◆

「川合左余子(かわいさよこ)」

昭和音楽大学卒業。ヴァイオリン・室内楽・教授法を川上久雄名誉教授に師事。室内楽を菅野博文、数住岸子の各氏に師事。フリー奏者としてオーケストラ、室内楽レコーディングで活躍する傍ら後進の指導にあたっている。

 「生の音を身近に感じて欲しい」をコンセプトに、演奏家と共に otoCoco Project を立ち上げ、カフェ de コンサート、自閉症児対象コンサート、トンボ玉作家、写真家とのコラボなどを行っている。

また、地域に密着したピアノ教室に招かれ、「はじめての室内楽」として教室の生徒たちとアンサンブルを行うなど、教育にも精力的に活動している。

2014年3月、楽器の扱い方から基礎構築の方法まで記した「いまさら聞けないヴァイオリンの常識(音楽の友社刊)」を出版。発売直後より重版を重ね、好評を得ている。

現在、昭和音楽大学付属音楽・バレエ教室、スガナミ楽器、ヴァイオリン講師。

(社)日本弦楽器指導者協会、日本音楽教育学会、OTOの会、正会員。

ウェブサイト「音に心を」 http://ameblo.jp/sayoneco/

 

↑

閉じる

フォローをして最新情報をGETしよう!

  • FaceBook
  • Instagram
  • Twitter