こどもから大人まで、みんなが楽しめるヤマハ音楽教室はスガナミ楽器

スガナミ楽器

防音対策の基礎知識!防音、遮音、吸音の違いとは

防音、遮音、吸音の違いとは

騒音対策を考える場合、よく使われる言葉に「防音」、「遮音」、「吸音」という3つがあります。しかしながら、その違いを明確に区別できるという方は、そんなに多くないかもしれません。
そこで今回は、この「防音」、「遮音」、「吸音」の違いについてご紹介しましょう。

 
「防音」とは?

「防音」とは、外の音が室内に入ったり、室内の音が外に漏れたりするのを防ぐことを意味します。「防音」という言葉は概念的なものであり、具体的な方法論を意味する言葉ではありません。
実際に「防音」するための具体的な対策が、先に挙げた残りの2つの言葉、「遮音」と「吸音」です。防音対策、防音素材と言われるものは、実際には遮音、吸音を機能させる対策や素材のことを指しています。

 
「遮音」とは?

「遮音」とは、防音をする方法のひとつであり、具体的には空気中で伝わってくる音を遮断して、外へ音が透過しないようにする方法を指す言葉です。遮音は防音対策の中でも、最も簡単に行える手段のひとつだとされています。

 

遮音のメカニズムは、伝わってくる音を跳ね返すことで、音を遮断させるというものです。外に漏れてしまう音の大きさが、小さければ小さいほど遮音性が高いという評価になります。音漏れの心配が少なくなるのがメリットですが、あまり遮音性を高めてしまうと、室内で必要以上に音が反響してしまうリスクもあるので、結果として音が聞き取りにくくなったり、聞こえる音そのものが元の音と変わってしまったりする場合があります。

遮音をするためによく用いられる素材としては、鉄板やコンクリート、比較的安価な石膏などが代表的です。これらの素材は遮音をするために優れている素材ではありますが、重量が重く費用もかかることから、施工効率は良くないと言われることもあります。

 
「吸音」とは?

「吸音」も遮音と同じく防音をするための方法です。音を吸収することで音の反射を防ぎ、音が室外に透過することを防いだり、音を発している室内における音の反響を抑える方法を指す言葉です。

 

吸音のメカニズムは、細かい穴(細孔)がたくさんある素材によって、音を取り込み、その中で拡散させることで音を吸収させるものです。吸収によって反射する音の大きさが小さければ小さいほど、吸音性が高いという評価になります。
外に音が漏れず、かつ室内でも音がクリアに聞こえるのが特徴。反面、吸音性を高めすぎてしまうと、反響音がまったくなくなり物足りないと感じてしまうケースもあるようです。

 

吸音するための素材として用いられるのは、グラスウール、ロックウール、ウレタンフォームなどが多いでしょう。

 

防音をするためには、まずは遮音対策を基本として考えながら、適切な吸音対策を組み合わせることで、効率性を考えることが大切です。また、音楽を楽しむためには「豊かな響きのある音響空間」であることも重要です。今回ご紹介した内容を踏まえ、「遮音」、「吸音」のそれぞれの違いをしっかりと押さえて、万全の防音対策をするようにしてください。

 

防音・音響の問題解決は、スガナミ楽器にお任せ下さい!

》お問い合わせ

建築関係の方へ、プロのニーズにお応えします(業者様支援)

》建築関係業者さま お問い合わせ

》コラム一覧ページへ戻る