こどもから大人まで、みんなが楽しめるヤマハ音楽教室はスガナミ楽器

スガナミ楽器

賃貸マンションで講じるべき防音対策とは?

一般的に賃貸マンションにお住まいの場合、防音対策に関心があるという方はあまり多くないかもしれません。しかし自宅で楽器の演奏をするとなると、防音対策に無関心ではいられません。そこで今回は賃貸マンションで講じるべき防音対策についてご紹介したいと思います。

 
賃貸マンションにおける防音室の必要性とは?
賃貸マンションで講じるべき防音対策とは?

声楽や楽器演奏などは自分で思っている以上に音漏れをするもので、自分ではそのつもりがなかったとしても、ご近所の方にとっては「騒音」だと感じる可能性があります。集合住宅に住む場合、賃貸であろうと分譲であろうと、騒音は近所迷惑でありトラブルが発生するリスクを伴います。

 

特に賃貸マンションの場合は、住まい選びの際には自身にとっての住み心地などを重視する傾向にあるため防音についてはあまり意識しないことが多く、住んでからその必要性に気づくケースは少なくないようです。 もし日頃から楽器を演奏したり、大音量で音楽を聴いたりする機会があるのならば、住まい選びの時点から防音対策についても頭に入れるよう心掛けましょう。

 
賃貸マンションでは、どんな防音対策ができる?

では、賃貸マンションではどのような防音対策ができるのでしょうか? 賃貸マンションにお住まいの方、またはこれから住む予定の方向けに、声楽や楽器演奏などを楽しむための防音対策をご紹介します。

演奏できる物件を選ぶ

賃貸マンションにおける防音対策として、「防音機能付き」や「楽器可」といった物件を選ぶこともその方法の1つです。これらの物件は防音対策が施された設計と素材で作られた建物であり、お部屋選びサイトでも「防音機能付き」や「楽器可」といった条件で該当する物件情報を呼び出すことが可能です。ただし一般的な物件と比べて家賃はやや割高になることが多く、防音性能に関しても防音室と比べると良いものが少ないようです。

防音室を設置する

賃貸マンションであっても鉄筋で造られた建物であれば、省スペースの「定型(ユニット)タイプの防音室」を作ることが可能です。この「防音室」は大がかりな防音工事は不要で、設置も半日あれば完成します。そして引っ越しの移設も可能です。

 
賃貸マンションでの使用におすすめの防音室

スガナミ楽器では、ヤマハアビテックスの「セフィーネNS」という防音室をおすすめしています。セフィーネNSは防音室として遮音性のある性能を備えているのはもちろんのこと、それでいて楽器本来の音が響く技術とノウハウを採用することで、狭い室内でも演奏を楽しむことができる定型(ユニット)タイプの防音室を提供しています。サイズは0.8畳から4.3畳の広さのものがあり、演奏する楽器に合わせてそのサイズを選ぶことが可能です。

例えば、0.8~1.5畳のユニットでは声楽や管弦楽器の練習に適しています。2.0~2.5畳のユニットであればアップライトピアノの練習やレッスンに、またこの広さがあれば録音ルームや音楽制作ルームにも使えます。さらに、3.0~3.5畳以上のユニットであればグランドピアノの練習に、そして3.7~4.3畳のユニットであればグランドピアノの練習だけでなくレッスンも可能です。またこのユニットならばホームシアターや書斎としても使える広さになります。

 

価格は0.8畳の580,000円(税別)から、4.3畳の2,270,000円(税別)まで。専用サイトでは実際の使用用途に応じた見積シミュレーションをすることができます。

 

また、防音室を購入するには高額すぎるという場合は、レンタルや中古で定型(ユニット)タイプの防音室を設置することもできます。 レンタルの場合、同じヤマハの「セフィーネNS」では0.8畳、1.2畳、1.5畳、2.0畳の4タイプが提供されています。価格は0.8畳のもので月額10,400円(税別)から、レンタル期間は最短15カ月~最長48カ月となっています。なおレンタル返却時には、解体費と解体時運送料が別途かかります。中古の場合は、定価の20%~60%引きになっている場合もあるので、希望する条件と合えば、大変おトクです。

 

音楽がお好きな方であれば、防音対策に関心を持ち、必要に応じて防音室の設置も検討するようにしください。また、賃貸マンションで楽器を演奏したいとお考えの方は、防音対策をしっかりと講じるようにしましょう。防音室の導入を検討される方は、スガナミ楽器へ一度ご相談ください。

 

防音・音響の問題解決は、スガナミ楽器にお任せ下さい!

》お問い合わせ

建築関係の方へ、プロのニーズにお応えします(業者様支援)

》建築関係業者さま お問い合わせ

》コラム一覧ページへ戻る