こどもから大人まで、みんなが楽しめるヤマハ音楽教室はスガナミ楽器

スガナミ楽器

  1. トップ
  2. 教室・店舗一覧
  3. スガナミミュージックサロン品川
  4. お知らせ

子供も大人の初心者さんも習える、港区港南の音楽教室。

スガナミミュージックサロン品川

〒108-0075 東京都港区港南2-3-1大信秋山ビル 6階

03-5783-5760

営業時間:月~土10:00~22:00(受付21:30まで)/日10:00~18:00

定休日:祝日

お知らせ

2015-10-24 update

サックスの音色をジャズとクラシックで分けるものとは?‐コラム48

  • 【マウスピース1つでこんなに音が変わるの!?】
    サックスのマウスピースにはジャズ向きとクラシック向きがあるのをご存知ですか?

     

    同じサックスでもジャズとクラシックとを聞き比べると、音色がずいぶん違う事に驚きます。
    同じ楽器なのに、一体なぜあんなに音色が変わるのでしょうか?

    サックスの音色は、本体の材質や形状、マウスピースの材質や形状など、様々な要素により変化します。

    この中で、特に大きな影響を与えているのはサックス本体よりも、実はマウスピース内の形状だと言われています。

    ジャズでよく使われるマウスピースは、クラシックで好まれるものよりも内部の空間が広くなっています。

    小さな違いのようですが、マウスピース内の空間は、ほんの少し違うだけでもだいぶ音色が変わるので、複数のマウスピースを使い分けるプレーヤーさんもいるとか。

    内部の形状以外にも樹脂製と金属製など、様々なマウスピースがあります。

    一般的にはジャズでは金属製、クラシックでは樹脂製のマウスピースが多く使われてはいますが、クラシックの有名なサックスプレーヤーのマルセル・ミュールは、金属製のマウスピースを使っていたとも言います。

    マウスピースの違いにこだわって、自分だけの音色を探してみるのも面白いかもしれませんね。

     

    関連記事

    【昔はフルートと言えば縦笛だった!?】
    フルートが縦型だったのか?縦笛をフルートと呼んだのか?さぁどっち?

    【やっぱりあった!メタルクラリネット!】
    金属製のクラリネットを発見!フルートもサックスも金属製ですからね。

    【クラリネットをこわしちゃった歌詞の謎】
    オーパッキャマラード、パッキャマラード、パオパオパパパ ←コレ、ちゃんと意味があるんですよ。

    【弦楽器と管楽器では得意なキーが違う】
    弦楽器はシャープ系が得意。管楽器はフラット系が得意。一体どうして?

    【倍音を体感してみよう!】
    実体を耳で知っている人は意外と少ない倍音。一度じっくり聞いてみよう。

     

    東京都港区のサックス教室は
    スガナミミュージックサロン品川