こどもから大人まで、みんなが楽しめるヤマハ音楽教室はスガナミ楽器

MENU

TEL:03-5783-5760

〒108-0075 東京都港区港南2-3-1大信秋山ビル 6階

営業時間:月~土10:00~22:00(受付21:30まで)/日10:00~18:00

定休日:祝日

NEWS

2015-06-15 update

猫のためのピアノ協奏曲がある!?‐コラム5

【猫のためのピアノ協奏曲がある!?】
衝撃!猫によるピアノソロとオーケストラの奇跡の共演とは!? 

 

突然ですが、猫のためのピアノコンチェルトがあるのをご存知ですか?

そうです。本物の猫がオーケストラを伴奏にピアノソロを弾くのです。

あるんです。本当に。

今回ご紹介するのは、そんなウソのようなホントのピアノ協奏曲。

その名も「CATcerto」。

キャットサート?
キャットチェルト?
キャッチェルト??

読み方はさておき、猫のためのピアノソロがある実在のピアノ協奏曲です。

さて、猫のピアノソロとは本当でしょうか?
一体どういうことでしょうか?

事の発端は2007年。

アメリカでアップされたピアノを弾く猫の動画がYouTube上で話題となりました。
その猫ちゃんの名前は「ノラ」。
CNNなどに取り上げられるほどの人気者(人気猫)となりました。

ピアノを弾くとは言ってもさすがに猫は猫。
実際はピアノイスの上に乗って前足を鍵盤に乗せて戯れているご様子。
(爪で鍵盤が傷だらけにならないのかどうかはこの際問わないであげて下さい)

この映像に目を付けた作曲家がいました。
リトアニアの作曲家ミンダウガス・ピエカイティス(1969-)さんです。

なんとノラちゃんの動画に合わせたピアノ協奏曲を作ってしまったのです。
作っただけではありません。

なんと実際にオーケストラで、動画の再生に合わせての初演を実現したのです。
しかも自らの指揮で。
すごいバイタリティですよね。

2009年、この演奏の様子は欧米各国のテレビ局で紹介され、大絶賛されました。

映像やテープとのコラボは現代音楽ではそれほど奇抜ではないかもしれません。
しかし、猫の戯れに曲をつけるというのが何ともチャーミングですよね。

さてこのコンチェルト、実際のところ、曲としてはどうだろうと思いますか?

「まぁネタでしょうね。だって猫じゃん。」
普通はそう思うのではないでしょうか。

実はYouTubeに公開されています。
実際に見てみました。

するとどうでしょう。

くぅ、あ、甘い。。。
なんて甘いタッチなんだ。。。
本当に猫なのか?

おどろくほど曲想にマッチしたプレイで聴衆を魅了するノラちゃん。

はっきり言って感動します。
実際、本当にスゴいですよ。
いくら動画に合わせて作曲されたとはいえ、ちょっと信じがたいレベルです。

お待たせしました。
それでは、めくるめく奇跡の音楽にあなたをご招待しましょう。

どうぞお聴き下さい▼

CATcerto
http://www.catcerto.com

Nora The Piano Cat
http://norathepianocat.com/

 

関連記事

【ピアノの3本のペダルってどう違うの?】
意外と踏んでもらえないペダルたち。全部の役割ってご存知ですか?

【ハノンの本当の発音はアノン】
意外と知られていない「HANON」の本当の読み方。

【ドラムロールって一体どうやってるの?】
太鼓で「ザーーーッ」なんて音を一体どうやっているのか、アナタは想像できますか?

【ギターの楽譜は六線譜!?】
楽譜と言えば五線譜?いえいえ、ギターの楽譜には6本線や1本線の楽譜があるんですよ。

【音名のABCはどうしてラから始まるの?】
ABCはなぜドから始まらないのか?その真相に迫ります!

 

【品川駅港南のピアノ教室はスガナミ楽器】
~無料体験レッスン実施中~

(猫はご遠慮下さい)

 

 

↑

閉じる

Follow us!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram

フォローをして
最新情報をGETしよう!