こどもから大人まで、みんなが楽しめるヤマハ音楽教室はスガナミ楽器

MENU

TEL:03-5783-5760

〒108-0075 東京都港区港南2-3-1大信秋山ビル 6階

営業時間:月~土10:00~22:00(受付21:30まで)/日10:00~18:00

定休日:祝日

NEWS

2015-07-21 update

ハノンの本当の発音はアノン‐コラム17

【ハノンの本当の発音は●●●】
意外と知られていない「HANON」の本当の読み方とは?(ヒント:Hanonはフランス人)

 

ピアノ教室といえばハノン。
バイエル、チェルニーと並ぶ定番ですね。

そう。とっても有名な『HANON』。
みんな「ハノン」って呼んでますが、本当は違うってご存知ですか?

まず“HANON”は人の名前です。
そしてこのHANONさん、実はフランス人だったのです。

もうお気づきの方もいるかもしれません。
フランス語ではヘルメスをエルメスと発音しますよね。

ではHANONの正しい発音は?

そう、「アノン」です。

シャルル=ルイ・アノンさん(1819~1900)は
フランスに生まれたピアニスト、オルガニストでした。
また、音楽教育者でもあったアノンは
各種のピアノ教則本を著しており、その中の1つが、
いわゆる『ハノン・ピアノ教本』として普及しました。

ちなみに原題は
『60の練習曲によるヴィルトゥオーゾ・ピアニスト』
といいます。

さあ、この記事を読んだあなた。
今日からはお友達や先生に「アノン」と言いましょう!
たぶん「え?」って聞き返されます。(汗)

まぁ、ハノンで普及していますからハノンでいいんですけど。
お話のネタにでもどうぞ。

 

関連記事

【ピアノの3本のペダルってどう違うの?】
意外と踏んでもらえないペダルたち。全部の役割ってご存知ですか?

【ピアノの当初の名前が長すぎる件】
ピアノの発明にまつわる長すぎる名前が判明。長いのには理由があったのです。

【あなたも絶対に知っている世界的有名曲】
「子犬のワルツ」に匹敵(いや凌駕?)する知名度を誇る「豚のワルツ」とは!?

【ピアノの鍵盤は当初白黒が逆だった!】
白鍵が黒で、黒鍵が白かった時代があります。色の変遷に隠されたエピソードとは?

【ソナタとソナチネの違いはなんだろう?】
名前は似てるけど、どう違うのでしょうか?

 

初心者さんもご安心下さい
大人のピアノ教室
無料体験レッスン実施中!

 

 

↑

閉じる

Follow us!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram

フォローをして
最新情報をGETしよう!