こどもから大人まで、みんなが楽しめるヤマハ音楽教室はスガナミ楽器

スガナミ楽器

  1. トップ
  2. 教室・店舗一覧
  3. 管楽器専門店 町田ANNEX
  4. お知らせ

管楽器修理の頼れるお店

管楽器専門店 町田ANNEX

〒194-0021 東京都町田市中町1-16-2

042-726-0311

営業時間:平日11:00~19:00/土日祝 10:00~19:00

定休日:水曜日

お知らせ

2018-06-25 update

トロンボーンの選び方

  • トロンボーンといえば、なんといっても自由自在に伸び縮みするスライド。管の長さで音の高低が変わり、管楽器の中でもっともなめらかに音をつなぐことができます。現代では吹奏楽、オーケストラ、ジャズ、スカなどさまざまなジャンルで活躍していますが、かつては人間の声に近い音色と、自由に音を変えてハーモニーを作れることから「神の楽器」として、宗教的な行事に使用されていたそうです。

    管楽器選びの教科書もご覧ください

    ご購入のポイント

    よく使用されるトロンボーンには大きく分けてテナートロンボーン、テナーバス(F管付き)トロンボーン、バストロンボーンの3種類があります。吹奏楽などクラシックの方は太管のテナーバス、ジャズやビッグバンドのリードの方は細管のテナー、バストロンボーン専任の方はバスといったように、用途によってお選びいただくと良いでしょう。
    手軽に始めたいという方には10万円くらいから、本格的なモデルは30万円台が多いです。トランペットと同じく、他の楽器と比較すると安価な予算で上位機種に手が届きます。

    おすすめトロンボーン

    お手ごろテナーバス(10万円台)
    ヤマハYSL-456G

    おすすめテナーバス(30万円台)
    ヤマハYSL-882Oバック42BO

    おすすめテナー(20万円台)
    キング2Bキング3B

    主なメーカー

    ヤマハ/YAMAHA

    バック/Bach

    エックスオー/XO

    キング/King
     トロンボーンまめ知識

    イエローブラス、ゴールドブラス
    トロンボーンのベル素材は主に真ちゅうという、銅と亜鉛の合金です。銅の成分が増えるにつれ、イエローブラス、ゴールドブラス、レッドブラスと呼び名が変わっていき、色も銅色が濃くなっていきます。これは音色や吹き心地にも多少の変化をもたらします。銀製のベルを製作するメーカーもあります。

    オープンとトラディショナル
    テナーバストロンボーンはF管が楽器の後部に付きますが、その巻き方が何種類かあります。トラディショナルラップは管の曲がりが多いため、抵抗感のある吹き心地になり、オープンラップは逆に開放感のある吹き心地になります。どちらかというとオープンラップのほうが吹きやすく感じる方が多いようです。

     

    シャンクの違い
    トロンボーンのマウスピースレシーバーには「太管(LargeShank)」と「細管(SmallShank)」があります。それぞれサイズが違い、例えば太管用のマウスピースを細管の楽器に入れようとしても合いません。新しくマウスピースを購入するときには間違えないよう注意が必要です。

     

    関連リンク